コレット【映画】

こんにちは、認知症パパを介護中のユウコ姉です。

自宅で介護を続けていると、気持ちに余裕がなくなってきませんか?

だからいい意味で、ココロにスキマを作りましょう。

 

ユウコ姉
ユウコ姉

雨が上がったので、久しぶりに映画館に行ってきました!

スポンサーリンク

【コレット】について

しばらく好みの映画がなかったので、この作品を見るのが楽しみでした。

が、果たして内容はどうだったでしょうか!?

 

概要

『コレット』 Colette

  • 製作年/2018年
  • 製作国/イギリス・アメリカ合作
  • 配給/東北新社
  • 上映時間/111分

スタッフ&キャスト

【スタッフ】

監督/ウォッシュ・ウエストモアランド…『アリスのままで』
脚本/W・ウエストモアランド、R・グラッツァー、R/レンキェヴィチ

【キャスト】

キーラ・ナイトレイ(コレット)…出演作『スターウォーズⅠ』『プライドと偏見』
ドミニク・ウェスト(ウィリー)…出演作『スターウォーズⅠ』『シカゴ』
デニース・ゴフ(ミッシー)…出演作『ロビン・フッド』

主役のキーラ・ナイトレイドミニク・ウエストは、「スターウォーズⅠ/ファントムメナス』で共演していたんですね!(知らなんだ)

 

ユウコ姉
ユウコ姉

といっても、キーラはナタリー・ポートマンの影武者で、ドミニクは王宮の護衛役だったようだけど(笑)

あらすじ

19世紀後半、ベルエポック華やかなりしパリ。

フランスの片田舎から洒落者の人気作家ウィリーに嫁いだコレットは、浪費家で浮気な夫に悩みながらも、彼のゴーストライターとして才能を開花させていきます。

初めは馴染めなかった社交界でも注目されるファッション・リーダーとなり、やがて舞台でも活躍するなど、自分らしい創造スタイルを確立し、自立した女性に生まれ変わるのでした。

 

スポンサーリンク

【コレット】総評 ★★☆☆☆

決して悪い作品ではなく、見に行ってよかったのですが・・・なぁ~んか残念な映画なんですよね。

「なんの余韻も残らない」・・・だからかな?

というものの、キーラ・ナイトレイは見事でした!

彼女の知的な美貌も、クラシックな雰囲気もぴったりだし、まさに体当たりの熱演。他のキャストもよかったです。

じゃなんで、評価低いのさ~~?

う~んそれはね、コレットが自立するまでの過程を、さらりと追っただけだから。

もっと思い入れの強いシーンがあってもいいと思うし、記憶に残るセリフもない・・・そんなワケで

5つ星評価の採点は ★★☆☆☆

きっと一年も経てば「コレット? どんな映画だったっけ?」と、内容もうろ覚えになってしまうような気がします。

この作品が、残念な理由

 

さて、この作品がさらに残念なのは、左のポスターを見ていただければ、おわかりになると思います。

タイトル下のリードコピーに、『ココ・シャネル』だの『オードリー・ヘップバーン』だの、女性の憧れを銘打っているではありませんか!

なのに・・・映画に彼女たちは登場しません。

晩年まで描く映画ではないから仕方ないかもしんないけど。

私としては、もっとコレットの華麗な活躍が見たかったのに、若い頃の苦労とスキャンダルだけがクローズアップされていて、カリスマ・クリエイターとして君臨する姿が見られなくて残念です。

 

それにしても、キーラは良い女優になりましたね。^^

『ある公爵夫人の生涯』も彼女だったっけ。(⇦この映画、結構好き)

現在まだ30代半ば、今後の出演作にも期待できそうです!

 

コメント