『プロジェクト・グーテンベルク』チョウ・ユンファ復活!【映画】

こんにちは、認知症パパを介護中のユウコ姉です。

介護は確かに大変だけど、ココロにスキマを作ってあげて、上手にストレス解消しましょうね!

ユウコ姉
ユウコ姉

お帰り~~! 香港ノワール時代のチョウ・ユンファ!(笑)

スポンサーリンク

【プロジェクト・グーテンベルク 贋札王】について

今から30数年前、「男たちの挽歌」に代表される香港映画にハマった人は多いはず。

私もチョウ・ユンファが大好きで、だからこそ米国進出後の彼の出演作は残念すぎて、もう二度とあの雄姿は見られないものとあきらめておりました。

が、不敵な笑みを浮かべつつ機関銃をぶっ放す、あのクールなユンファが帰ってきた!

彼の魅力バクハツのこの映画、とにかく二重三重に裏切られる面白さでいっぱいです。*^^*

 

概要

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』 Project Gutenberg

  • 製作年/2018年
  • 製作国/香港・中国合作
  • 配給/東映ビデオ
  • 上映時間/130分

スタッフ&キャスト

【スタッフ】

  • 監督・脚本/フェリックス・チョン…作品『インファナル・アフェア』
  • 撮影/ジェイソン・クワン…作品『愛と死の間で』『コールド・ウォー』

【キャスト】

  • チョウ・ユンファ(“画家”フクサン)…出演作『男たちの挽歌』『グリーン・デスティニー』
  • アーロン・クォック(レイ)…出演作『父子』『九龍猟奇殺人事件』
  • チャン・ジンチュー(ユン)…出演作『ラッシュ・アワー3』『ミッションインポッシブル/ローグ・ネイション』
  • リウ・カイチー(ヤム)…出演作『上海灘』『インファナル・アフェア無間序曲』

スローモーション、ド派手な銃撃戦、大炎上に、スモークもくもく(笑)・・・かつての香港ノワールを彷彿とさせる映像が、ユンファ・ファンにはたまりません。監督がジョン・ウーだったら、ここに教会シーンと鳩が出てきたことでしょう(笑)。

『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』予告編

あらすじ

物語はタイの刑務所に囚われていたレイが、香港に移送されるところから始まります。彼は国際的な偽札作りの主要メンバーで、“画家”と呼ばれる贋札王を知る数少ないひとり。

“画家”の報復を恐れて口を割らないレイでしたが、徐々に昔話をはじめ、やがて“画家”の正体が明らかになっていくのでした。

スポンサーリンク

【プロジェクト・グーテンベルク】総評 ★★★★☆

ツッコミどころは、実は結構あるんです(笑)ありがちなどんでん返しと言えば、それまでだしね。

でもそんな茶々を入れないで、復活したチョウ・ユンファに酔いしれましょうよっ!

偽札取引は「男たちの挽歌」でも出てきたし、そういう意味でも感慨深いわぁ~。*^^*

 

とにかく映像展開が早いので、夢中になって見てしまいました。

派手な銃撃戦では、お約束の二丁拳銃どころか両肩にマシンガンをぶら下げて、軍隊もどきの組織をせん滅し、やっぱりお約束の大爆発!(笑)見ている方は、楽しくって仕方がありません!

5つ星の採点評価は ★★★★☆

いろんな伏線が張られて衝撃のラスト・・・なので、こういう作品は繰り返し見ても面白い。時間がたったら、また見るぞ!

名シーン&名セリフ(ネタバレあり)

本来なら、ここでラストシーンをバラしたりするのですが、語るのはあまりにもったいないので、好きなセリフを言うにとどめようかと思います(笑)。

“画家”を演じるチョウ・ユンファがとにかくカッコよくて(アーロンもいいんだけど)、そのキザなセリフに撃ち抜かれる感じなのですよ。*^^*

たとえば、偽札集団のボスである“画家”が、仲間に引き入れたばかりのレイをなだめる場面。

『心をこめれば、偽物は本物に勝る』

そして「男は女のために何かを成し遂げるべきだ。成し遂げて失った恋人を取り戻せ」と諭したレイに、「あなたも女のためなんですか?」とたずねられると、

『俺は女を必要としない、世界でもレアな男だ』

と微笑みながら答えるんですよね~。

確か彼は、甘いモノが大好きで太りやすい体質のはずなんだけど、かなり体重を絞って鍛え上げて臨んだようです。

私より10歳年上の65歳(ひぃ~~、私って今年55なの!?)、走って跳んで、横っ飛び、よくぞここまでがんばりましたと、褒めてあげたい心境です。

ユウコ姉
ユウコ姉

なんだか映画評ではなく、ユンファ贔屓に始終してしまって申し訳ない

でも、これがファン心理・・・映画自体が面白いので、どうぞご覧くださいね!

 

コメント