『モロッコ、彼女たちの朝』【映画】

こんにちは、認知症パパを介護中のユウコ姉です。

介護は確かに大変だけど、ココロにスキマを作ってあげて、上手にストレス解消しましょうね!

ユウコ姉
ユウコ姉

見に行って正解、とても良い映画でした

スポンサーリンク

【モロッコ、彼女たちの朝】について

何気ない街角のパン屋さんの数日を描いただけなんだけど、なんとも心地いい余韻の残る作品でした。

何気ない…と言っても、モロッコ旧市街ですけどね(笑)

物語の舞台は、カサブランカ旧市街。

登場人物は、最小限。

  • どこからともなく現れた妊婦サミア
  • シングルマザーのアブラ
  • アブラのひとり娘ワルダ
  • アブラにぞっこんの粉屋の息子

たったこれだけの要素で、ちゃんと完結しているのがすごい(もちろん名もなき群衆は出てきますが)

なぜ妊婦が未婚なのか最後まで分からずじまいだけど、イスラム世界では理由などどうでもよくて、とにかく未婚の母はタブーなワケで、過去を探るより、今とこれからをどう生きるかが鍵なのです。

優しい眼差しにあふれているけど、現実的で甘すぎない。

自分らしく生きていくつもりだけど、共同体には逆らえない。

そんな葛藤の中、主人公のふたりの女性が潔くて、私は好感が持てました。

概要&受賞歴

『モロッコ、彼女たちの朝』 ADAM

  • 製作年/2019年
  • 製作国/モロッコ、フランス、ベルギー
  • 配給/ロングライド
  • 上映時間/101分
  • 言語/アラビア語

受賞歴

  • 第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門正式出品
  • 第92回アカデミー賞女性監督初モロッコ代表
  • 第55回シカゴ国際映画祭新人監督部門ロジャー・エパード賞受賞
  • 第31回パーム・スプリング国際映画祭審査員賞受賞、他

スタッフ&キャスト

【スタッフ】

  • 監督・脚本/マリヤム・トゥザニー
  • 製作・共同脚本/ナビール・アユーシュ

【キャスト】

  • ルブナ・アザバル(アブラ)…夫を亡くし、パン屋を営みながらひとり娘を育てている女性
  • ニスリン・エラディ(サミア)…アブラの家に居候することになる出産間近の未婚の母

監督と共同脚本の二人は夫婦で、実際に世話をした未婚の妊婦さんとの思い出がベースになっているそうです。だからこそのリアリティなのかもしれません。

あらすじ

大きなお腹を抱えたサミアは、職と寝床を求めてカサブランカのメディナ(旧市街)をさまよいますが、未婚の母に手厳しいイスラム社会では、どこに行っても門前払い。

けれど路上で眠る彼女を見るに見かねて、パン屋を営むアブラが自分の家に招き入れます。

最初はサミアを警戒し、すぐに追い出すつもりだったものの、彼女のおかげで店は繁盛し、娘がなつき、夫を亡くして殻に閉じこもっていたアブラの心も徐々にほぐれて、二人の間には姉妹のような情が芽生え始めました。

子供の将来のために生まれたら養子に出すと主張するサミアと、考え直せと諭すアブラ

やがて、サミアが出産の時を迎え・・・。

スポンサーリンク

【モロッコ、彼女たちの朝】総評 ★★★★☆

いつも思うんだけど・・・このベタはタイトルはどうにかならないのだろうか?(笑)

わかりやすいっちゃあ、わかりやすい。

でもこんな邦題では、人の記憶に残りません。

な~んかカッコ悪いよね

原題は『ADAM』

サミアが名付けた息子の名前です。

モロッコに限らず、イスラム教徒の長男は“モハメッド”が定番ですが、父親のいない子供につけるわけにもいかず“アダム”とつけたのかもしれません。

タイトルへのクレームはさておき、とても素敵な映画でした。

5つ星の採点評価は ★★★★☆

派手なシーンはひとつもないのに、最初から最後まで釘づけになる珍しい作品です。

彼女たちの翌朝が気になる…(ネタバレ注意)

さて、邦題の『彼女たちの朝』は、ラストシーンに集約されているのでしょう。

出産を終えても我が子の顔を見ようともしなかったサミアですが、お腹をすかせて泣き叫ぶ息子を放っておくわけにもいかず、抱きしめ、お乳をあげて、子守歌を唄い、アダムと名前もつけました。

そして祝祭明けの朝、彼女はアダムを連れて、そっとアブラの家を出て行くのです。

映画はそこで終わりますが、私としては、そのまた次の朝が気になります。

  • サミアは息子を孤児院に入れたのか?
  • それとも自分で育てるのか?
  • アブラサミアたちを探し回るか?

普通この手の映画では、子供を手放すことを考え直し、アブラの好意に甘えて、パン屋で息子を育てる・・・なんて方向に向かいそうだけど、そうじゃないのがいいところです。

そんな甘っちょろい考え方じゃ、共倒れですよ

彼女はきっと初心を貫き、孤児院に息子を預けて、心に痛みを抱えたまま故郷に戻り、家族が勧める相手と結婚することでしょう。

アブラ母娘も、サミアの不在を最初は悲しむけれど、そのうち粉屋の息子と再婚して、新しい生活を始めるんだろうなと思いました。

それぞれの心のままに、人生の一歩を踏み出す・・・異国の香りとともに心に残る作品です。

コメント