『フェアウェル』評価は期待通り【映画】

出典元:公式サイト

こんにちは、認知症パパを介護中のユウコ姉です。

自宅で介護をつづけていると、気持ちに余裕がなくなってきませんか?

だから、いい意味で、ココロにスキマを作りましょう。

ユウコ姉
ユウコ姉

静かな話題作『フェアウェル』を見て来たよ!

スポンサーリンク

【フェアウェル】について

たった4館での上映が感動を呼び、口コミで全米大ヒットとなった、この映画。

泣ける!ってほどじゃないんだけど、じんわり染みる家族愛がとても良いです。

『本当にあった嘘のお話』

冒頭に表示されるこの言葉通り、余命わずかな祖母に幸せな時間をあげようと、家族一丸となってウソをつくうちに、いっそう絆が深まっていくという実話ベースの作品です。

 

概要&受賞歴

『フェアウェル』 The Farewell

  • 製作年/2019年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ショウゲート
  • 上映時間/100分

受賞歴

  • 第77回ゴールデングローブ賞(主演女優賞)受賞
  •     〃   (外国語映画賞)ノミネート

 

出典元:eiga.com

スタッフ&キャスト

【スタッフ】

  • 監督・脚本/ルル・ワン

【キャスト】

  • オークワフィナ(米国人女性ビリー)…出演作『オーシャンズ8』『クレイジー・リッチ!』
  • ツィ・マー(ビリーの父親)…出演作『ラッシュアワー』TV『高い城の男』
  • チャオ・シュウチェン(ビリーの祖母)…出演作TV『The  Story of Ming Lan』
泣ける…『フェアウェル』日本版予告編

あらすじ

肺がん末期で余命宣告された、中国に住む祖母ナイナイ。彼女のために結婚式という名目で集まった一族は「告知は絶対にしない」と誓い、最後の幸せなひとときを過ごさせようと心を砕きます。

ところが子供時代に米国移住し、祖母が溺愛するビリーだけはつまはじき。「感情が表に出て、ナイナイに病気がバレては困る」という理由で参列を拒否されますが、彼女は強引に中国に戻ってきてしまいました。

西洋育ちのビリーは「本人にも余命を知らせるべきでは!?」と主張するものの、周囲の一生けんめいさにつられて、いつのまにかウソに加担するうち結婚式は無事終了。

いつも笑顔でハッピーなナイナイは『数年たった今も元気に暮らしています』と締めくくられる、本物のハッピーエンドです。*^^*

スポンサーリンク

【フェアウェル】総評 ★★★★☆

わが家にも、がん患者がいますから、彼らの葛藤はよくわかります。

私の母の場合、検査後、速攻で告知されましたが、せめて私を呼んでほしかったです。

ユウコ姉
ユウコ姉

患者心理を勝手に判断しちゃダメですよ。母は見た目より小心者なんだから

この映画に関していえば「ナイナイは最後まで事実を知らず、だから明るく過ごすうちに末期がんに打ち勝った!」って結末になっています。

そんな素敵な奇跡もアリ!ですよね。

けど「ナイナイは実は真実を知っていて、みんなの思いやりに報いるために知らん顔していた」かもしれません。*^^*

どちらにしても、前向きな生き方が病気を克服し、彼女のおかげで家族の絆が強まったのだから、もう言うコトなしって感じ・・・そんなワケで

5つ星の採点評価は ★★★★☆

主人公ビリー役のオークワフィナが本当に素晴らしくって、彼女の思考や行動が私たちにリンクするし、そしてやっぱり「家族に余命宣告をされたら」というテーマは、本当に考えさせられます。

出典元:cinemacafe.net

名場面&名セリフ(ネタバレ注意)

【あらすじ】にほぼ書いてしまったので、今さらネタバレもありませんが(笑)、西洋 vs. 東洋の『命への向き合い方』みたいなコトを、登場人物たちが全編通して語ってくれる映画でした。

たとえばビリーが「どうしても祖母に告知したい」と訴える場面で、彼女の叔父はこう言います。

『西洋では命は個人のものかもしれないが、ここでは家族みんなが負うべきものなんだ』

家族の中の一人、社会の中の一人、だからみんなで痛みを分け合い大切にしたい・・・というコトなんですね。

自分で自分に責任を持つのもいいけれど、集団の中で生かされているという考え方が今、新鮮に感じます。

 

そして自分に自信を失いかけているビリーに、祖母ナイナイが言う言葉に癒されます。

『人生で大切なのは、何を成し遂げたかじゃないの。どう生きたかってことなのよ』

私たちは、つい目先の成果を追いがちですが、価値のない経験や人生なんてありません。

年をとった時、彼女のように言える人間になりたいなぁと思いました。*^^*

 

コメント