女王陛下のお気に入り【映画】

 

こんにちは、認知症パパを介護中のユウコ姉です。

自宅で介護を続けていると、気持ちに余裕がなくなってきませんか?

だから、いい意味で、ココロにスキマを作りましょう。

 

ユウコ姉
ユウコ姉

今回は、今話題の映画を見に行ってきたよ!

スポンサーリンク

【女王陛下のお気に入り】について

第91回アカデミー賞をはじめ、数多くの映画賞にノミネート&受賞した2018年度の話題作。

まずは概要から、チェックしてみましょう!

 

概要&受賞歴

『女王陛下のお気に入り』 The Favourite

  • 製作年/2018年(初公開/2018年12月)
  • 製作国/アイルランド、イギリス、アメリカ合作
  • 配給/20世紀フォックス映画
  • 上映時間/120分

受賞歴

  • 第91回アカデミー賞/主演女優賞(オリヴィア・コールマン)
  • 第76回ゴールデン・グローブ賞/女優賞(ミュージカル・コメディ)
  • 第75回ベネチア国際映画祭/銀獅子賞(審査員対象)、女優賞(オリヴィア・コールマン)

*その他、英国アカデミー賞など多数受賞。

スタッフ&キャスト

【スタッフ】

監督/ヨルゴス・ランティモス…『籠の中の乙女』『ロブスター』
脚本/デボラ・ディビス、トニー・マクナマラ
撮影/ロビー・ライアン…『わたしはダニエル・ブレイク』
衣装/サンディ・パウエル…『恋に落ちたシェークスピア』『テンペスト』

【キャスト】

オリヴィア・コールマン(アン女王)…出演作『ロブスター』
エマ・ストーン(侍女アビゲイル)…出演作「ラ・ラ・ランド」
レイチェル・ワイズ(レディ・サラ)…出演作『ナイロビの蜂』
ニコラス・ホルト(ハーリー)…出演作『X-MEN』シリーズ
ジョー・アルウィン(マシャム)…出演作『ベロニカとの記憶』

今回、数々の映画祭で主演女優賞を獲得した、オリヴィア・コールマン。英国ドラマ『ナイトマネジャー』で、スパイ工作をする役柄が記憶に新しいところです。

ひねくれ者で怠惰な女王役を、ユーモラスで憎めないキャラとして演じています。

『女王陛下のお気に入り』日本版予告編(アカデミー賞®︎主演女優賞受賞!)

あらすじ

時は18世紀はじめ。フランスと戦争中で財政難にあえぐイングランドでは、身体が不自由で、わがままなアン女王が、幼馴染レディ・サラの言いなりで、統治には無関心。

そこに、サラの従妹アビゲイルが下働きとしてやってきて、王宮内の支配図が変わり始めます。
愛情も義理人情のかけらもない、下剋上の女の闘い。

アビゲイルは若さを武器に女王や将校を誘惑し、サラにとって代わろうと画策。サラもまた、アビゲイルを脅威に感じて、追い出そうと必死になります。

やがて毒を盛られた上、あらぬ嫌疑をかけられて宮廷を追い出されるレディ・サラ。

好戦的だったサラの退場によって、議会ではフランスとの和平が推進され、愛するサラを失ったアン女王は、その寂しさを埋めるためだけに、アビゲイルをそばに置くのでした。

スポンサーリンク

【女王陛下のお気に入り】総評 ★☆☆☆☆

 

女性はとかく、絢爛豪華な王朝ドラマに心惹かれます。かくいう私も、同じです。^^

特に、中世~近代ヨーロッパのアンニュイな宮廷文化は、ため息がでるほど美しい。

 

・・・が、「この映画にそれほどの魅力があったか?」と問われれば、私は「NO」と答えます。

 

巷では評価が高くて、だから映画館に足を運んだわけですが、正直いい気分の作品ではありません。

私にとっては下品極まりない、悪趣味な映画でした。

もっと風刺の効いたブラック・コメディを期待していたのになぁ。

この監督の『ロブスター』などが好きな人なら、ハマるのかもしれませんね。

 

いずれにしろ、好みの別れる作品のようです。というわけで・・・

5つ星評価の採点は ★☆☆☆☆

辛口ですけど、これは個人的感想ですので、悪しからず。

この作品が、★☆☆☆☆の理由

前述の通り、私も宮廷ロマンが大好きです。

だから、もっとファッションを楽しめるとか、美しい景色に感動するとか、豪華な装飾や小物にうっとりするとか、そんなゴージャス感が欲しかった!

乱れたドロドロの愛憎劇でもいいんです。でも、そこにはイケメンが登場してほしいし(笑)。

あるいは、女の仁義なき闘いであれ、少しは切なさや心の葛藤があってもいいのでは?

なんかね、どのシーンもダーティなんです。誰も成長しないし、笑えるはずが笑えない。

見ていて、この国の行く末を案じたくなってくるので、BREXITに揺らぐ今のイギリスを、皮肉った作品だと言えなくもないのかしら(笑)。

もちろん女優陣は、がんばっていますよ。とはいうものの、誰にも感情移入ができません。

核となる3人は、それぞれ個性的な魅力を発揮しているだけに、それが残念です。

 

■今回観賞した映画館は、こちら

平日にしては来館者が多く、中高年の女性客が中心でした。(私もその一人か・・・笑)

 

コメント