迷惑防止機能付き電話を取りつけた!

寒い・・・。(><;

2月なんだから当たり前だけど、春めいた陽気がつづいた後なので、寒さが身に堪えます。

スポンサーリンク

固定電話への対応は、要注意!

今は、個人で携帯電話を持つ時代。

わが家の認知症パパでさえ、自分の電話を所持しています。

それでも自宅の固定電話は必要ですが、かかってくるのは通信販売のセールスや、怪しげな営業電話ばかりで、最近はさすがに困っておりました。そんな時、

 

ママ
ママ

町内のHさんがね、迷惑防止の電話をつけたらしいよ

と言うので「うちもそうしますか」ってコトで早速、私が電話機リサーチしてネット購入いたしました。

コレは便利!おススメです!

迷惑防止機能付き電話の特徴

迷惑防止機能付き電話の特徴を、簡単にまとめてみますと・・・

  1. かかってきた番号を表示(*別途料金必要)
  2. 登録外の番号に自動音声アナウンス
  3. 電話の会話すべてを自動録音

主な機能は上記の通りです。

要するに、顔の見えない相手からかかってきた電話を、自動的にシャットアウトしてくれるんです。

 

(1)の番号表示については、音声でも読み上げてくれます。表示サービスは電話会社への申込みが必要で、毎月利用料金が加算されます。

わが家はKDDIですが、通信料金はケーブル会社に一任しているので、そちらに連絡、電話1本で申込み完了です!(料金は400円/月)

(2)を有効活用するには、最初にすべての連絡先を登録しなければなりません。登録外の相手には「この通話は迷惑電話防止のため録音されます。ご了承ください」などのメッセージが流れます。

相手へのアナウンス中、こちらには「迷惑電話にご注意ください」と呼びかけてくれます

(3)電話機にSDカードを装着すると、自動的に全会話を録音してくれます。

もちろん、怪しい相手だけ録音するとか、選択肢がありますよ

フリーダイヤルからかかるセールス電話などは「~録音されます」のアナウンス中に切れてしまうようで、ほぼ壊滅できたと言ってもいいくらい!

おかげで日中、家の中が静けさを取り戻しました(パパの在宅時は、にぎやかですけどね)。

スポンサーリンク

新しい電話の選び方&設置の仕方

電話選びは、そのご家庭によって異なりますよね。

わが家の場合、3階の私用に子機が必要で、なおかつ本体はコードレスの受話器を選びました。

パパの前で電話すると、まずいケースが多いためです(笑)

最近の電話機は軽量なので、受話器を取ると本体が動いたり・・・ってコトもよくあるでしょ?

使いやすさを考えても、コードレスの受話器の方が便利だと思います。

 

また、同じ迷惑防止機能付き電話でも、電話帳機能がない製品もあるから要注意!

同じ買うなら、電話帳は必須です。

似たような電話機がたくさんあるので、用途や特徴をよくチェックしてから購入しましょう!

迷惑防止機能付き電話を取りつけよう

さて、次に設置ですが・・・電話機自体はコンセントに差し込むだけなので、誰でもできます。

が、各種設定は高齢者には難しいかもしれません。(--;

スマホやPCに慣れてる人なら、きっと大丈夫だよ!

わが家では、こういう作業は私の担当ですが、自信のない方は身近な人にお願いしましょう。

 

⇦ ちなみにわが家が購入した電話機はこちら(私が注文した時は15,000円を切っていたはずなんだけどな・・・)

パナソニック RU・RU・RU デジタルコードレス電話機(VE-GD77DL-W)

(子機1台付き、迷惑電話対策機能搭載)価格/¥18,381

 

 

本体もスピーカーで使用できるため、本体+受話器+子機=電話機が3台あるのと同じです。

最初の電話帳登録は面倒だったけど、子機や受話器に一斉送信できたり、使い勝手がとてもいい!

ちなみに電話帳はPC作成可能ということでしたが、私のPCではフォーマットDLができませんでした。ウィルスバスターにはじかれたのかな?

家族みんな、この新しい電話機が気に入っています。*^^*

スポンサーリンク

【迷惑防止機能付き電話】今日のまとめ

世の中、知らないうちに進化してるんですねぇ~。

うちのママは振り込め詐欺に引っ掛かりかけた前科を持つので(笑)、もっと早く電話機を買い替えておけばよかったわ。

 

それに、手が離せない時に限ってかかるセールス電話

今までは手ごわい相手でしたが、電話のアナウンスを聞いて、勝手に切ってくれるから大助かりです。

気味の悪い無言電話も、なくなりました!

今日の認知症パパ語録

ところで・・・うちの認知症パパは、電話が鳴ると飛んで出ます(笑)。

「出るな」と言われても、いや「出るな」に余計反応してしまうのかもしれませんが(笑)、とにかくそれに対抗すべく、私はパパに先んじて電話を取るため、常に待機しています。(ああ、忙しいっ)

だって、パパが電話に出ようものなら、

 

パパ
パパ

もしもし!? 何!? よう聞こえん!

ってな失礼な対応をするに決まってるのですから。

けれど電話機が新しくなり、どうやら取り方がわからない模様・・・コードレスの受話器を取っても、外線ボタンを押さなきゃ話ができませんからね(ふっふっふ)。

あ~あ、ホントにもっと早く買い替えておけばよかったです(笑)。

 

コメント