『ボーダー 二つの世界』衝撃のファンタジー【映画】

こんにちは、認知症パパを介護中のユウコ姉です。

自宅で介護をつづけていると、気持ちに余裕がなくなってきませんか?

だからいい意味で、ココロにスキマを作りましょう。

 

ユウコ姉
ユウコ姉

またまた映画を見てきたよ。今月はいい作品目白押し!

スポンサーリンク

【ボーダー 二つの世界】について

 

私は映画がとても好きなので、ジャンルを問わず見に行く方なんだけど、この作品は躊躇していたんです。

というのも・・・予告編が少し気味が悪かったから。

でも「大人のおとぎ話」という記述を読んで、興味をそそられました。

 

概要&受賞歴

『ボーダー 二つの世界』 Grans

  • 製作年/2018年
  • 製作国/スウェーデン、デンマーク合作
  • 配給/キノフィルムズ
  • 上映時間/110分

受賞歴

  • 第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリ受賞
  • 第54回スウェーデン・アカデミー賞/作品賞、主演女優賞、助演男優賞他6部門受賞

 

スタッフ&キャスト

【スタッフ】

  • 監督・脚本/アリ・アッパシ
  • 原作・脚本/ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト

【キャスト】

  • エヴァ・メランデル(ティーナ)
  • エーロ・ミロノフ(ヴォーレ)

スタッフもキャストも、日本ではほとんど馴染みありませんね。

主役ティーナ役のエヴァ・メランデルは、体重を増やし、特殊メイクに毎回4時間かけて臨んだそうですが、ティーナとヴォーレの二人は、まさに“獣”でした。

彼らを“目撃”するだけでも、価値があるといえるかもしれません。

映画『ボーダー 二つの世界』予告編|10/11(金)公開

あらすじ

世間に疎まれる容姿に生まれたティーナは、人の感情を嗅ぎ分ける特殊な能力を持ち、税関職員としてその力を生かしてきました。

ある日よく似た男と出会い惹かれるうちに、彼女は本当の自分を知り、人生が一変していきます。

人間世界の美醜とは何か、善悪はどこにあるのか、性別をどう分けるのか、そんな根源を問う問題作です。

スポンサーリンク

【ボーダー 二つの世界】総評 ★★★☆☆

 

この作品は、好き嫌いがハッキリ分かれることでしょう。

正直なところ、私は二度と見たくないと思いました(笑)。

 

ユウコ姉
ユウコ姉

だって幼虫を食べたり、気持ち悪いシーン満載で、何度も目を背けちゃった

ティーナたちの濃厚なラブシーンがあるのですが、まさに“ケモノの交わり”って感じで、怖くて気味が悪かったです(美しいと感じるピュアな人もいるんでしょうけど)。

 

とはいえ、やはりスゴイ映画だったと言わざるを得ません。

5つ星採点評価は ★★★☆☆

見た後の不快感は拭えないけど、見なかったら後悔したかも・・・という映画でした。

 

名場面&名セリフ(ネタバレあり)

 

ここから先は、映画を見た方「見る気はないよ」という方だけに読んでいただきたいと思うのですが・・・

 

要するに、醜いとさげすまれてきたティーナは人間じゃなかったワケです。

同種族のナゾの男の出現で、真実が明らかになり、人間への復讐の片棒を担ぐハメになってしまいます。

なぜなら、仲間が人間のモルモットにされてきたから。

 

本能のままに生き、復讐心に燃える彼と、醜い感情はあるものの、多くは思いやりのある人間たち。

どちらが正しく、より純粋であるかが、この映画で問われるわけではありません。

 

人間と共存してきたティーナは、その間で苦しむんだけど、少なくとも自身のルーツを知ったおかげで、彼女はもう卑屈になることはないでしょう。

「子供の頃から人と違った。醜くて普通じゃない」と言うティーナに、ヴォーレが言います。

『人と違うのは、君が優れているからだ。君は完璧だ』

いいセリフです。

人と違うのは個性であり、そのままで完璧なのだと思えれば、私たちはもっと幸せでいられるのかもしれませんね。

 

コメント