記憶力の低下

認知症の症状と対策

アルツハイマーの昼夜逆転

アルツハイマー型認知症が進むと、季節や時間の感覚が乏しくなっていくようです。私の父親も、たとえば時計を見て、午前5時なのか、午後5時なのか、朝と夕方の判断がつかないコトがよくあります。
認知症の症状と対策

迷子の高齢者に、させないために

認知症が進むと、迷子にならないように、家族は注意が必要です。これは、徘徊とは別のお話。私の父親は、徒歩10分程度の歩きなれた道以外、ひとりで歩こうとしませんが、先日初めて、通院先がわからなくなりました。
認知症と家族

認知症パパの誕生日

アルツハイマー型認知症が急激に進んでいる私の父親が、傘寿の誕生日を迎えました。何のために家族がお祝いしているのか忘れていますが、「誕生日おめでとう」と言うたびに笑顔になるので、私たちも幸せな気分になりました。
スポンサーリンク
認知症と家族

高齢者に、よくできる水疱

高齢になると、いろいろ身体に不具合が生じるようです。手足にできる水疱のようなデキモノも、そのひとつ。命に別状はありませんが、大きくなれば気になりますよね。私の父親は認知症なので、水疱退治に私がついて行くことになりました。
認知症の症状と対策

高齢者の夏バテに、要注意!

異常な猛暑にバテ気味の毎日。高齢者がいる家庭では、体調管理に警戒感が必要です。私の父親は認知症を患っていますので、本人の言葉を鵜呑みにするわけにいきません。室内にいる時も絶えず、私と母が目を光らせて、父の様子を見守っています。
認知症の症状と対策

認知症ドライバーを救え!

高齢者ドライバーの事故が、社会問題になっています。本人も知らないうちに、認知症になっている場合もあるようです。ここは心を鬼にして、運動能力が低下したお年寄りには、免許を返上してもらった方がよさそうです。
認知症と家族

認知症パパ、接客中

認知症が進むと、接客などが難しくなってきます。でも気分のいい時はおしゃべり上手(笑)。認知症進行中の私の父親も、その場しのぎの会話はこなします。が、かなり適当なことを言うので、後で困ったり笑ったりです。
認知症と家族

認知症パパ、球場で失踪!?

認知症は、いつ、どこで迷子になるかわかりません。ちょっと目をはなした隙にいなくなってしまうこともあります。認知症の私の父親が外出する時は、トイレに行く時でさえ誰かが一緒に行動するのですが、野球場で迷子になり慌てたことがありました。
認知症の症状と対策

悲しいけれど、認知症は記念日も忘れます

誕生日や結婚記念日を、認知症の父親はすっかり忘れていますが、みんなでお祝いしてあげれば、もちろんとても喜びます。お祝いしたことも、すぐに忘れてしまうけど(笑)。それでも楽しかった感情は心に残るみたいです。
認知症の症状と対策

認知症の、いろいろ隠すクセ

認知症の人には「自分のものを誰かに盗られる」という被害妄想があります。だから、モノを隠したがります。認知症の私の父親は、最近タバコを隠すようになりました(笑)。家族が本数制限をしたせいかしら。