『ジョゼと虎と魚たち』韓国版【映画】

こんにちは、認知症パパを介護中のユウコ姉です。

あっという間に年末ですね。

今年も当ブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。^^

ユウコ姉
ユウコ姉

皆さま、どうぞよいお年を!

スポンサーリンク

【ジョゼと虎と魚たち】について

かつてあれだけ話題になったのに、私は映画を見なかったし、原作も読みませんでした。

だから何の知識もなく、いきなり韓国リメイク版に初トライです。

妻夫木くんの“おんぶポスター”は今でも覚えていますけどね

興味がなかったのに、なぜ今回見たのかというと、主演ふたりが大好きな俳優だったから(笑)。

特にハン・ジミンは、私が一番好きな韓国の女優さんなのです。

ナム・ジュヒョク君も、可愛いです。

ドラマ『恋のゴールドメダル』がすごくいいので、ぜひお試しを!

そんな軽いノリで映画館に行ってきました。

もっとお涙ちょうだい的かと思ったけれど、淡々とした描き方がなかなかよかったです。

概要

『ジョゼと虎と魚たち』 Josee

  • 製作年/2020年
  • 製作国/韓国
  • 配給/キノシネマ
  • 上映時間/117分
  • 言語/韓国語

スタッフ&キャスト

【スタッフ】

  • 監督/キム・ジョングァン
  • 原作/田辺聖子

【キャスト】

  •  ハン・ジミン(ジョゼ)…生活保護を受ける祖母と暮らす下肢麻痺の女性
  • ナム・ジュヒョク(ヨンソク)…女性にもてる就活中の大学生

快活な役柄が多いハン・ジミンが、抑えた演技をしています。

ドラマ『イ・サン』のヒロインに抜擢したイ・ビョンフン「もっとも美しい涙を流す女優」と言わせた涙も、今回はほとんど見せません。

あらすじ

祖母と貧しい暮らしをするジョゼと、卒業間近の大学生ヨンソクは、ある日、壊れた車椅子がきっかけで出会い、たびたび会うようになります。

年上とはいえ高飛車に物事を頼むジョゼですが、なぜかヨンソクは世話を焼きたがり、彼女の祖母が亡くなってからは一緒に暮らすことに。

けれど蜜月は長くは続かず、ジョゼは愛する彼を自分から手放すことを決めるのでした。

スポンサーリンク

【ジョゼと虎と魚たち】総評 ★★★☆☆

少しネットで調べたんだけど、原作や日本版映画とは、だいぶ内容が違っているみたいです。

けれど身体は不自由でも誇り高いジョゼと、言いなりになりがちなヨンソクの姿は、重なるものがあるのかもしれません。

原作では二人は夫婦のような生活を続け、年に一度旅行することになっているのに対し、この映画では旅行はジョゼの妄想で、別れた後ヨンソクは大学の後輩と婚約していました。

でも、二人の愛情がそれぞれの心の中で生きているように思えます。

5つ星の採点評価は ★★★☆☆

割と良かったけれど、一度見れば十分かなという感じです。

私が好きなジャンルじゃなかったってことですね。

名場面&名セリフ(ネタバレ注意)

リメイク版はシチュエーションも、大胆に演出し直しています。

たとえば、タイトルにもなっている【虎】の話。

この映画のジョゼは妄想癖があるようで、壁の穴から入る光が虎の目に見えたりしています。でもヨンソクと暮らし始めてから、もう平気だと宣言します。その時の二人の会話が微笑ましい。*^^*

ジョゼ『この家に虎が入ってきても、もう怖くない。好きな人と一緒だから怖くない』
ヨンソク『虎が入ってきたら、俺が食べられてる間に逃げろよ』
ジョゼ『うん、そうする』

そしてラストシーンは、原作通りの水族館でしたが、これも二人のやり取りは異なるようです。

ジョゼは別れ話を切り出す前に、彼にこう言います。

『人間は魚が閉じ込められてると思うでしょ? でも魚から見れば、閉じ込められてるのは人間の方かもしれない」

それは言い方を変えれば、自分に障害があっても人が思うほど不幸ではないし、ひとりでも大丈夫だと言っているように聞こえます。

そして『あなたを解放してあげる』と、ヨンソクに告げるのです。

数年後、ジョゼは幼馴染と一緒に自分の車を運転し、ちゃんと自立しているようでした。

死んだように二人で暮らす原作と、別れて新しい生き方を選んだ韓国版、どちらの結末が好みかは人それぞれだと思います。

コメント