『リスペクト』アレサ・フランクリン【映画】

こんにちは、認知症パパを介護中のユウコ姉です。

介護は確かに大変だけど、ココロにスキマを作ってあげて、上手にストレス解消しましょうね!

ユウコ姉
ユウコ姉

行ってよかった…この映画を見るなら、ぜひ劇場で!

スポンサーリンク

【リスペクト】について

私はアレサ・フランクリンが大好きだったので公開が待ち遠しかったのですが、ファンならずとも、これは一見の価値あり!です。

内容はやはり、スターの栄光と挫折、そして復活を描く・・・というワンパターン(笑)。

それでも全編で流れるアレサの数々のヒット曲をジェニファー・ハドソンが見事にカバーにしていて、約2時間半が短く感じたほどでした。

タイトルにもなっている『RESPECT』が誕生する瞬間はゾクゾクするし、お馴染み『THINK』はノリノリで、こっちまで踊りだしそうになります。*^^*

私がアレサファンになったのは、20代に見た『ブルース・ブラザーズ』がきっかけ(お家ビデオだったか、劇場リバイバルだったか忘れたけれど)。

それと同様に今回この映画を見て、きっと新たなアレサファンが生まれることでしょう。

父親や夫の束縛から逃れ、苦労しながら華麗なる変身を遂げて、やがて彼女はソウルの女王に。

痛々しい場面もあるけれど、アレサのステージを見る感覚で楽しめます。

概要

『リスペクト』 RESPECT

  • 製作年/2021年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ギャガ
  • 上映時間/146分
  • 言語/英語

スタッフ&キャスト

【スタッフ】

  • 監督/リーズル・トミー…南ア出身、舞台やTVの監督を務め、本作で長編映画監督デビュー
  • 脚本/トレイシー・スコット・ウィルソン

【キャスト】

  • ジェニファー・ハドソン(アレサ・フランクリン)…出演作『ドリームガールズ』『キャッツ』他
  • フォレスト・ウィテカー(アレサの父)…『バード』『クライングゲーム』『大統領の執事の涙』他
  • マーロン・ウェイアンズ(アレサの夫)…『レディ・キラーズ』『G.I.ジョー』他

主演のジェニファーは、本物のアレサと重なって見えました。

フォレスト・ウィテカーは昔『バード』を見て以来大好きな俳優 だし、ダイナ・ワシントンを演じたメアリー・J・ブライジなど配役も絶妙で良かったです。*^^*

あらすじ

野心家の父親のもとで、幼い頃から抜群の歌唱力を人前で披露してきたアレサ

父親の束縛から逃れたと思ったら、今度は夫に縛られ、自分を見失っていきますが、無名のミュージシャンたちとの触れ合いをきっかけに、その個性が開花します。

一方で少女時代の性的虐待と妊娠でトラウマを抱えていた彼女は、成功の影で自分や周りを傷つけ、アルコールにおぼれるように。

そんなアレサを亡き母の幻が癒し、自分自身と自分の歌を取り戻すのでした。

スポンサーリンク

【リスペクト】総評 ★★★★★

ホントに、ホントに、良かったです!

素晴らしい歌声を聞いてるだけで幸せな気分になれたし、最後の『Amazing Grace』は泣けました。

2時間半は長すぎる?

いえいえ。気づいたら終わってました

私のアレサ贔屓は置いといても

5つ星の採点評価は ★★★★★

見事満点の5つ星!

たぶん私はブルーレイを買って、家で何度も見ると思います。

さて以下の動画が、かつて私を虜にした『ブルース・ブラザーズ』アレサが躍りながら『THINK』を歌い上げる名シーン。

ご覧になってみてください!

きっとカラダを揺すりながら「♪Freedom~~Freedom~~Freeedooom~Oh,Freedom!!」と、口ずさみたくなりますよ(笑)。

名場面&名セリフ(ネタバレ注意)

良いシーンは数々あるのですが、まずはデビューしたもののヒットに恵まれず、ナイトクラブでダイナ・ワシントンの持ち歌を本人の前で歌って、ビンタをくらう場面でしょうか(笑)。

小さい頃に可愛がってくれた女性が、いきなりビンタ。

でもそれは愛のムチで、アレサに自立を促しているんですよね。

『このままじゃ売れない。あんたの歌を見つけなさい』

その後、彼女は変わろうとします。

そして宣言するんです。

『私は変わる。歌いたいものを歌うわ』

これがソウルの女王誕生の軌跡なんですよね。

成功後もいろんな確執や挫折があるけれど、ラストシーンの教会で、疎遠になった家族みんなと抱き合い和解して歌う『Amazing Grace』がまた素晴らしい。

ここで泣かずにいられましょうか。

コメント