認知症の介護が、苦しいと思う時

 

なにも認知症に限らず、身近な人が病気になると、家族は多かれ少なかれ苦しみます。

体力面だけでなく、つらいのはきっと精神面。心配して看病して、心身ともに疲れますよね。

認知症患者が家族がいると・・・まず、メンタル面でやられます。(--;

 

スポンサーリンク

認知症を理解するには時間がかかる

 

なにせ、カラダは元気なんです。だから知人に「パパさん、元気?」と、聞かれると

 

ひめ
ひめ

アタマ以外は、とっても元気

私は、そう答えます(笑)。

見た目病気っぽくないから、家族でさえ認知症は病気だと忘れがち。パパの言動に、

 

ひめ
ひめ

アタマ、おかしいんじゃないのぉ!

と、腹を立てたり(←頭おかしくなる病気ですけど)

 

ママ
ママ

なんで、こんなにガマンしなきゃいけないワケ?

と正直、イライラがつのる日々もありました。

 

そのうち、認知症の扱いに慣れてくる

 

これがもし普通の病気とかケガだったら、もう少しいたわってあげられたのでしょうか。

大飯喰らいで、大酒飲んで、好きなコト言って、やりたい放題・・・たいていの人はブチ切れますね(笑)。

 

わが家でもパパと口論になり、誰かが間に入って仲裁する、そんなコトがつづきました。

そして家族は悟るのです「あー、コレが認知症なのね」と。

 

スポンサーリンク

わが家は日々コレ、認知症との闘い

 

パパとの距離がいちばん近いのは、やはりママです。

それだけに、パパの言動にイチイチ反応してました(笑)。

 

ママ
ママ

パパがね今日こんなコトした! それにこんなコト言われた!

涙目で、私に訴えていたもんです。それが今では、

ママ
ママ

今日ね、パパがまた××やった(うふふ)

とニンマリ、笑い話にする余裕が出てまいりました。

腹がすわってきたというか、機転をきかせるコトさえできるようになってきた。

とても良い傾向ですね。^^

 

パパの笑顔は、家族みんなのゆとりの証拠

 

家族の表情がやわらぐと、認知症であるパパ本人も笑顔になります。

逆に私たちがツンケンしてれば、パパだってゴキゲンななめになるわけです。

 

パパの表情は、私たちの“心のゆとり”のバロメーターと言えるかも。

 

ひとまず、わが家は認知症に少し慣れてきたようです。

パパの不可解で不愉快な言葉や行動にも、過剰反応しなくなったしね。

 

そして一人ひとりがストレスをためないように、互いに協力しています。

それぞれの趣味をジャマしないとか、やりたいコトができるように配慮してあげるとか、些細な協力ですけどね。

 

私たちが元気で明るく暮らせてこそ、パパも元気でいられるはず。

 

そうでしょ? そうだよね?

パパ、結構ハッピーだよね?・・・なんだか強制してますか?(笑)

 

スポンサーリンク

【家族の苦悩】今日のまとめ

 

認知症に対して、いろいろ不安になるのは仕方ない、私はそう思います。

「もう慣れた」と宣言している(笑)今だって、ふと先のコトを考えると怖くなる夜もあります。

 

でも悩みながらでいいんじゃないかな、完璧な介護も、完璧な答えもないんだし。

今日も明日も、少しだけ前向きに暮らす・・・それだけで十分ですよね。

 

今日の認知症パパ語録

 

さっき家族4人で、うどん屋に行きました。

 

パパ
パパ

あぁ、うまかった! 3人前は食ったかな

・・・ウソです、セットメニューを食べただけです。(--;

 

パパ
パパ

これで、百まで生きられるわい

・・・なんですと!? 少し前は「あと2~3年しか生きられない」と言ってたのに。

それが、ついに百まで生きる

ひめ
ひめ

どんどん目標寿命が延びていき、こっちが追いつかないかもしれません

でも「長生きしたい」と思うようなら、とりあえずパパは今、幸せなのね。^^

 

コメント

  1. アバターゆえ より:

    ママさん、すごい!
    もちろんユウコさんもすごい!

    笑える余裕が出てくるって…。
    認知症って(周囲の)人間を大きくする病気なんでしょうか?

    これまでになかった事態を、機転をきかせて乗り切るママさん。
    もしかして、パパさんが、ママさんのボケ予防に一役かっているのかも?

    もちろん、こんな呑気なこと言えるのは、直面していないからなのですが…
    ほっこり笑わせていただきました!
    ありがとうございます。

    • アバターユウコ姉 より:

      ゆえさん、読んでいただきありがとうございます。^^

      まったく、ゆえさんのおっしゃる通り! 認知症って、すごくやっかいな病気ですけど、考え方次第では、まわりの人を成長させます。私たちもそれを実感しているところです。

      今に笑う余裕がなくなるのかなぁと感じるときもありますが、その頃には家族全員もっと図太くなっていると思います(笑)。